tiwakuromamaのブログ 離婚した2年後 元夫さんは逝ってしまった

シングルになってまだ数年、息子さんと娘さんとtiwakuroとの日常やシングルになるまでの過程やその後、そして元夫さんのこといろいろ残します

息子さんの将来と父の思い 母の思い!②

元夫さんが息子さんに会社を継いでほしいと思うのと同時に
私は絶対に継いでほしくない!!って思っていました


私はサラリーマン家庭に育ちました
だから会社経営とか全くわかりませんでした
でも会計の仕事をするようになり小規模企業の経営の難しさを知れば知るほど息子さんには後を継いでほしくありませんでした


もしも万が一 息子さんが会社を継ぐのなら それは息子さんが自分のやりたい事を(やりたい仕事 自分の夢)を叶えた後 自然と父親を手伝いたいって思ったらそれはほんとに息子さんの意志だと思うから私は反対しないでおこうと思っていました


でも高校生になり 私と元夫さんの関係が怪しくなり 離婚に至り 息子さんと私の関係が悪化し・・・・


そんな中で元夫さんは息子さんに「もしもお父さんの仕事をやりたいって思ったら俺が一から教えてやる」的なことを時々言っていたようです
※息子さんが私に怒られて元夫さんのところへ逃げてるときなどに


高校の時は時々 会社を継ぐのもいいかも?的な発言が息子さんからありました


私はその都度 もっと冷静に真剣に考えるように促しました
自分の本当にやりたいことは何なのか・・・・
会社を継ぐことと同時に息子さんには微かな夢がありました


なので高校の時は
高校卒業後 すぐに父親の会社に入るか
高校卒業後 同種他会社へ奉公に行って父親の会社に入るか
高校卒業後 大学に行き一般企業に勤めて父親の会社に入るか
高校卒業後 大学又は専門学校に行き自分の夢をかなえるか
 
私はいつも息子さんに言っていました


お父さんの会社に入るのはいつでもできる 
でも夢は若い時にしかできないこともある
自分の思う夢をかなえてからお父さんの会社に行くという手もあるんだから
それにいったんお父さんの会社に入ってしまったら辞めることはできないよ?
お父さんの会社に入るということは後を継ぐ意味なのだから 
この先40年50年と働くのだからそんな若いうちから自分の人生を決めなくてもいい
会社の事は置いといて大学に行くなり専門学校に行くなりして
今 頭の隅にある夢に向かって進むべきだと思う


そして高3になり会社か大学か専門学校か・・・・
大学や専門学校のオープンスクールには何度も足を運びました