tiwakuromamaのブログ 離婚後 元夫さんは逝ってしまった

シングル母です!息子さんと娘さんとtiwakuroとの日常やシングルになるまでの過程やその後、そして元夫さんのこといろいろ残します

保険が使えない病気 副腎疲労症候群か???③

翌日の日曜日に唾液の検査を実施した


8時 12時 16時 20時 の4回


私がその検体をもって翌日の月曜日に仕事前にクリニックへ
クリニックには検体を渡すだけの予定だったけど
先生に聞きたい事があったから
朝いちでもし予約が開いていたら先生と話したいとお願いした


たまたま朝いちの予約が開いていたので急遽そこへ入れてもらいました


土曜日に血液検査をしていて 事務員さんが検査会社に今わかる分だけでいいからデーターをFAXしてくださいと頼んでくれている


私が先生に確認したかった事は


★リストカットとこの副腎疲労症候群(疑い)の関係性
副腎が悪いから気分が落ち込んでリストカットなのか?ということ


★学校へ行かせてもよいのか
もちろん親から思うと学校へは行ってほしい
でも死ぬぐらいつらいなら休ませようと思う
でもそこの判断が私には難しい
また 臨床心理や先生が無理に学校へ行かなくても大丈夫だよと声をかけて
休んでいいんだ!と安易に考えるのも心配
私はそこの狭間でいろいろ悩んでいる


この2点


先生の説明では
リストカットするということは何か抱えてる問題がある(ストレス)
それが元になって副腎疲労症候群(疑い)だと考えているとのこと


学校は休むことが必要なら休ませるべきだ
でも お母さんの行かすか休ますか悩むのはよく理解できる
ただお母さんがどうして学校へ行ってほしいと思うのかを考えないといけない
きっと子どもの事を思っての事だというのはわかるが
ほんとにそれだけなのか?
(たぶん 私自身が学校を休むことへのマイナスイメージが強すぎて子どもに無理強いしている?みたいな雰囲気で言われた・・・・)





今後は臨床心理士の心理テストを受けたりして 
娘さんの状況を見ながら心の中の何かトラウマ的な事があるのかないのかを見ていく
唾液や尿の検査の結果から適切な薬(サプリ)で調整していく


そんな感じで言われた



急遽取り寄せてくれた検査結果では(まだ途中の分だけど)
やはりコルチゾールとLDLと肝機能の値は低かった
プラス 血糖値が低く出ている
(前の内科の検査では血糖値は測っていなかった)


今の段階でもやはり副腎疲労症候群(疑い)の傾向が強いという事だった


続く~