tiwakuromamaのブログ 離婚した2年後 元夫さんは逝ってしまった

シングルになってまだ数年、息子さんと娘さんとtiwakuroとの日常やシングルになるまでの過程やその後、そして元夫さんのこといろいろ残します

お金の管理を夫に任せてる幼馴染!

幼馴染Bから「喪中のハガキが届いたで⁉」と電話が入ってん
もう小学校3年生の時からの友達?幼馴染?親友?


とは言ってもここ10年以上合ってないねんけどな
時々メールやったり年賀状やったりはしてた
お互いの実家がお向かいさんやから私が実家に行くとBのおばちゃんに会ったりはしててん
だからおばちゃんからいろいろと近況は耳に入っててん


元夫さんが亡くなったことはBには言ってなかってん
喪中はがきは故人の名前は載せへんバージョンで作ったけど
Bのハガキにだけ「パパが〇月にね・・・・・」とだけ書いといた


だからビックリしてBから電話が入ってんけど
Bは「パパ」がどの「パパ」なのか理解できへんかったみたい
私の実父かと思ったみたいやけどそれならおばちゃんからBに連絡が入るはず
まさかパパ(元夫さん)とは思ってなかったみたいやな 
そりゃそうやわな・・・・まさかなって感じやもんな


ほんでいろいろ話してたらBが「うちはダンナが死んだらなんもわからんわ~」って言うから
そんなん絶対アカンでーーーーーーー!別にダンナが家計の管理をするのはええけど
もしもの時には半年分の生活費と葬式代はBの自由にできるようにしておかな!
メインの普通預金のカードの番号だけ教えてもらって置いたらいいやん
そこにある程度のお金だけは入れてもらっときや!
この機会やしちゃんと話しあっときや! と力説しておいたわ


これほんまに実感するわ
Bも働いてるねんで でもBの家庭はダンナが管理する家庭でBは給料を旦那に渡して生活日(食費と小遣い)だけもらってるらしい
それは別にいいと思うけど相手(妻)が何も知らないっていうのはアカンって思う


このブログにたどり着いた旦那が家計の管理をしている人がいるなら
ぜひ機会を見て話し合ってほしいなって思うtiwakuromamaでした!