tiwakuromamaのブログ 離婚した2年後 元夫さんは逝ってしまった

シングルになってまだ数年、息子さんと娘さんとtiwakuroとの日常やシングルになるまでの過程やその後、そして元夫さんのこといろいろ残します

あの日以来 初めて義父が私の名前を呼んだ

元夫さんが亡くなった知らせを受けて初めて義実家に行ってから今まで義父は私の名前を一度も読んでいなかった
いつも「あんた」とか「そっちが」とかそんな感じ
もちろん離婚前はいつも「〇〇ちゃん」と私の事を名前で呼んでいた


それが離婚して数年義実家と疎遠になっていて
元夫さんの訃報の知らせで義実家に行った時から義父は私の事を名前では読んでいない


それに加えて 葬儀以来 私が義実家に行っても私から「お邪魔します」とか「こんにちわ」とか言わなければ義父から先に声をかけることは全く無かった


それが納骨の日 一度義実家に集合するため私と子ども達が訪問すると
まず先に子ども達に義父は声をかけた「元気かー」
私が遅れて義実家にお邪魔するとその日は義父から「あ~いらっしゃい~」と声をかけてくれた


納骨が終わり義実家で食事をしていて私は普段と変わらず義母や義姉妹と話をしていた時
※義父はもともと無口な人で今までもほとんど話す事はなかった


突然 義父が「〇〇ちゃん 実はなワシも携帯変えたんやで~」と突然話しかけてきた
お酒も入っていたし皆で食卓を囲んで孫に囲まれてきっと気分が良かったんだと思う
「でもな~目が悪しい 指で画面を触るとすぐに反応していつもあたふたするんや~」とニコニコしながら話しかけてくる


もちろん私はうれしかった
納骨も無事終わりひと段落して皆が少し気持ちが落ち着いていたのだと思う


夕方になりそろそろ帰ろうかと帰り支度をして
義父に「じゃあそろそろ帰ります お邪魔しました」というと
「あ~うんうん お疲れやったな~ ほなな~」と言ってくれた


息子さんや娘さんも バイバ~イと声をかけて義実家を後にしました