tiwakuromamaのブログ 離婚した2年後 元夫さんは逝ってしまった

シングルになってまだ数年、息子さんと娘さんとtiwakuroとの日常やシングルになるまでの過程やその後、そして元夫さんのこといろいろ残します

まじめなはなし3

そんなやさしい元夫さんだったけど・・・・・
それでも結婚生活を最後までやり遂げることはできませんでした


それは元夫さんなぜか私には心にグサッと刺さる言葉を度々言うのです
気持ちは優しい人だけどそれは言ってはいけないだろうということを私には言います
そして少しKY的なところもあったと思う


私は結婚生活って二人の協同作業だと考えています
お互いの関係も責任も50/50
どちらが上とか下とかないはず
家事もできる人がするべきだし、片方がせかせか家事しているのに片方がTV見てケタケタ笑っているなんてありえない
家庭の収入に関しても男の人は子育てがあるので帰りますってできない分 
女の人は子育中心で仕事を考えると必然的にパートという選択肢になってしまう
それは仕方がないことだと思っています 
基本的に元夫さんの収入がメインで生活していましたからそれが無かったら生活自体ままならない
子どもも育てていけない
でも休みの日は違うと思うのです
元夫さんは休日は趣味のボランティアでほぼ外出します 
そして私は休日でも家事や子育てから解放はされない
子どもが熱を出そうが私が寝たきりになろうがボランティアがある時はそちらを優先します
ただ 元夫さんのやってることはボランティアだから外部の人には「すごいねー休み返上でボランティアできるなんて」とお褒めの言葉を頂く
だから私の中になんらかの不満があっても悪いことをしてるわけじゃないんだからとあきらめる部分もありました
そのボランティアを20年続けた元夫さん
その20年間に私達夫婦の関係は少しづつ壊れて行きました


つづく